羽尾(鳥取県)

投稿日時2008/08/26 00:02コメント(7)トラックバック(0)カテゴリダイビングポイント固定リンク編集削除
『コウジの中国地方バンザイ手(パー) 羽尾』

鳥取を去る前に鳥取県唯一のダイビングポイントをご紹介!!


「羽尾(鳥取)」

1.場 所

鳥取県岩美郡(鳥取県の最東)にある観光名所「浦富海岸」の裏にあるポイント。
陸上からの景色は、鳥取有数の絶景exclamation
ビーチエントリーもしくはボート乗り場は「羽尾海水浴場」
もちろん景観だけでなく、透明度もなかなかのものです。

>大きな地図で見る

2.特 長

なんと言っても羽尾のお勧めは「竜神洞」exclamation×2
浦富海岸の岬にある洞窟のポイント!
海底洞窟ではなく、岬にできた裂け目的な洞窟です。

竜神洞 外観
IMG_0601.jpg

竜神洞 内部
IMG_0597.jpg

竜人洞 内部から外部を見た図
IMG_0584.jpg


竜人洞以外のポイントは基本的に大きな根がたくさんある感じです。
ダイビングスタイルは、その根を徘徊するように潜っていきます。
根の間をすり抜けたり、根に張り付いている生物を探したりするのが好きな人には鼻血物のポイントが多数。
しかし、「漁礁」というポイントは生物が多数いる面白いポイントとの事ですが、事情があり最近はそのポイントにはあまり行けないらしいです。

生物は、キビナゴやハマチやアジ等の群れが飛び回ることが多いそうな。
また、伊豆では見れないような生物も少々いるそうです!
(今回のダイブでは、見慣れた生物しか見れませんでした)

3.宿 泊&食べ物
宿泊施設は、ダイビングサービスに2000円で泊まることも可能です。
近くには温泉があり「岩井温泉」があり、旅館も少々あります!

食べ物としては
春:モサエビ      夏:岩ガキ、白イカ 
秋:梨、紅ずわい蟹  冬:松葉蟹
と1年を通して素晴らしい食材が揃っていますひらめき
ちなみに、夏の岩ガキは一度は食べることをお勧めするほど美味しいものです手(チョキ)

4.ダイビングサービス
このポイントで潜るなら
マリンパークHANEO
〒681-0001鳥取県岩美郡岩美町小羽尾161 
TEL/FAX 0857-72-3233
IMG_0604.jpg
IMG_0605.jpg

ここのオーナーである今野さんは、なかなかナイスなガイドをしてくれます。
しかし、安全のために「1ガイド 4人まで」という決まりを作っているため、必ず事前に予約を取る必要があります。
夏には毎週のようにBBQをしてくれますが、このBBQは美味しい肉等を食べさせてくれます!!ここのBBQ極秘メニュー「バタしゃぶ(バターで刺身をしゃぶしゃぶ)」は絶品です。
この記事へのコメント
投稿日時2008/08/27 17:29非公開情報固定リンク編集削除
コウジさま
偶然このホームページを見つけました。写真と、裏が金色のロクハンですぐわかりました。ご一緒したときは、しょぼい波に酔った私に、お茶を入れてくださりありがとうございます。あのご恩は一生忘れません。ぴかぴか(新しい)
鳥取を離れるのですね。再びご一緒できなくて残念です。
あの後、潜りまくって、もうすぐ50本です。グッド(上向き矢印)
9月は自分で運転して沖ノ島に行っています。ダッシュ(走り出すさま)
またどこかの海でご一緒出来ることを楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)
投稿日時2008/08/28 00:00固定リンク編集削除
>haruさん
あぁ〜、お久しぶりですひらめき
よくここが見つかりましたねぇ手(チョキ)
あの時は羽尾をご一緒いただきありがとうございました。
もう一度、潜って飲もうと言っておきながら、早々と広島へ転勤になってしまいました。。。あせあせ(飛び散る汗)
異動先は広島ですので、また羽尾にも行きますし、隠岐の島や島根でご一緒できたら良いですね!!
また、その時はよろしくお願いします。
投稿日時2008/09/12 17:41固定リンク編集削除
おおぅ〜!マリンパークHENEO懐かしいね〜!
今年の冬「潜らせろ!」と直談判に言った所です。
何しろ荒れた冬の日本海潜る人など居ないと言われ
何とか出張中に潜りたいと駄々をこねたけど、大荒れの
日本海には歯が立ちませんでした。
5月に今度こそはと意気込んで出かけましたが、四国にツアーに
出るとの事でまたまた断念。
羨ましい!次回出張の際はお願いします。
と言うか、今週は広島出張で頑張って柏島に行こうと思ったのに
急遽金曜日に横浜に行けと言われて断念!悲しい(*_*)
投稿日時2008/09/29 20:37固定リンク編集削除
コウジさんお久しぶりです。
haruです。
私は今もドップリダイビングにはまっていて、ついにロクハンまでオーダーしちゃいました。なんとウエットの製造元が鳥取県にあって、恐る恐る行ってみたら本当につくれました(当たり前ですが)もちろん修理もしてくれるよ手(チョキ)

さて私から、中国地方のダイビングポイントを紹介いたします。例により船酔いがひどく、写真はありませんが数少ない中国地方のポイントですので、中国地方に赴任中の参考にして下さい。

私が行ったのは島根県の隠岐島前諸島 中ノ島 です。

アクセス:島根県の七類港からフェリーで行きます。9時30分発のフェリーに乗って、お昼の12時45分に菱浦港に到着します。(詳しくは隠岐汽船のHPをごらん下さい。)(七類港の駐車場は無料です)港までダイビングサービスのスタッフがお迎えに来てくださいます。
帰りは菱浦港を15時15分頃発、七類港着17時55分頃です。もちろん港までダイビングサービスのスタッフの方が送ってくれます。

プラン:一泊2日の場合、到着後2ボードダイブ、翌日2ボードダイブ→帰宅となり合計4ダイブです。

ポイント全般に見られる光景はイワシの群れが夜空の星の数ぐらいあふれていて、その群れがまるで天の川みたいに見えます。そしてその群れを追う、ハマチ、カンパチ、メジナがいて、岩陰からクチグロが顔を出してきます。
出会った大物は90cmぐらいのマダイ(エツコという名前がついています)このマダイちゃんはダイバーによってくるから、10分以上は一緒に泳ぎました。つぎはコブダイ(30cmぐらいかな) そしてキイロイボウミウシ(15cm可愛いぴかぴか(新しい)

ダイビングポイントは主に松島と中の島と間です。4ダイブしました

【カワセ】マダイのエツコに出会えるポイントです。最大水深は25mかくれ根です。
【オンナダ→スノサキ】最大水深22m、岩盤と砂地の境沿いにドリフトします。イワシの群れに回遊魚がアタックするシーンが当たり前のように見えるポイントです。
【カミオグリ北】最大水深45mのかくれ根ポイント。ここも回遊魚祭りです。
【シロウラ】最大水深20mのポイント。ここはマクロ系、ここで15cmのキイロイボウミウシに出会えます。

さて次は夜の情報です。もちろん宿の食事はおいしい。しかし隠岐といえば「隠岐牛」一度食べたら忘れられない。しかしなかなか食べるお店がない。しかしこの島には何とぴかぴか(新しい)隠岐牛専門店があるぴかぴか(新しい)
それに米がおいしいこれにはびっくり・・・グッド(上向き矢印)
夜はここで焼肉をいただきました。港の目の前にあるお店です。すぐわかりますが、予約はダイビングサービスのスタッフにお願いすることもできます。

今回お世話になったダイビングサービスは「海士ダイビングサービス」ホームページもありますので(あまり更新されてないけど)ご覧下さい。

残念なのは10月までの営業で11月から春まではお休みとなります。
本年も残りわずかですがもし機会がありましたら訪れてみてください。

写真が投稿できたらトライしてみます。

長くなりました。


haruでした。
投稿日時2008/09/29 22:18固定リンク編集削除
haruさん、はじめましてハチコと申します。
ポイントのご紹介ありがとうございました。楽しく拝見させていただきました!

中国地方のポイントは私にとって未知なるエリアですが、
是非とも"エツコ"に会ってみたい!あと「隠岐牛」にも惹かれますねぴかぴか(新しい)
こちらのブログに写真が投稿できるのは、moguringメンバーのみですので、
haruさん、よろしかったら中国支部!として入会していただいて、
これからもいろんな情報を教えてくださーいexclamation
投稿日時2008/10/01 23:28固定リンク編集削除
おぉ、素晴らしいレポートありがとうございます。
私も鳥取在住中に隠岐の島行こうとしていたのですが、未だに叶わずです。。。
今度行く時の情報としてとっても役立ちます手(チョキ)

ハチコさんが言われたように、moguringに入会して写真のアップもお願いしますひらめき
まだ、moguring 中国支部!は私一人なのでぜひexclamation

それにしても本当にロクハンを買うとは(笑)
投稿日時2008/10/03 22:29固定リンク編集削除
うふ黒ハート
入会しました。
中国支部として投稿中心に活動します。
どうぞよろしくお願いします。
後日写真アップしますね。
haruでしたわーい(嬉しい顔)
新しいコメントの投稿
新しいコメントは以下のフォームを利用して投稿して下さい。
実名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、非公開情報欄に記入して下さい。
非公開情報欄に記入した情報は公開されず、メンバーのみが閲覧できます。
コメント本文は公開されますので、個人情報などは記入しないようお願いします。
コメント表示領域の横幅は640ピクセルです。
横幅640ピクセルを超える画像等を貼り付けた場合、表示領域に入りきらない部分は表示されませんのでご注意ください。
ニックネーム [必須入力]

非公開情報

ホームページアドレス

コメント本文 [必須入力]
この記事へのトラックバック