Cカード直後からのスキルアップロードマップ

投稿日時2011/07/05 22:52コメント(16)トラックバック(0)カテゴリスキル固定リンク編集削除
5月末にCカード取得をしました、さいたま在住のとかげと申します('-'*)

ダイビング気持ちいい!海の中にいるだけで、うっとり夢心地です。
早くもっと上手くなって、あちこちでいろんなダイビングをしてみたいな♪

というわけでお伺いしたいのですが、カードを取ったばかりの入門者が、
これから効率的に自立した&バディの役に立てるダイバーになるために
どんな練習の進め方やメニューをしたらいいか、ご教示いただけませんでしょうか?


先日利用したダイブサービスのガイドさんにアドバイスを求めたところ、
「これから50本は毎回必ず、なにか課題を設定して潜るとドンドン上手くなるよ!」
と教えてくれました。


まずはなにを出来るようになる必要があるか学ぼう、と思ってOWマニュアルを
何度も繰り返し読んでいます。どんな項目があるかは頭に入ってきましたが、
練習の仕方が分かりません。


ガイドダイブだと他のお客さんもいらっしゃるし、つきっきりのインストラクターが
見てくれるわけでないので、リスキーな練習はしづらいですよね。

マスククリアとか、浮力の感覚を知るためにいろんな呼吸を試してみるとか、
はたまたプールで泳いで泳力を付けたりといった練習は容易にできますが、
たとえば器材脱着とか緊急スイミングアセントとかマスク無し呼吸&移動とか
レギュリカバリとかバディブリージングとか…
この辺のドキドキ系スキルはいつ、どうやって練習したらいいんでしょうか?


 'ちなみに講習でやった横方向に泳ぐ緊急スイミングアセントのシミュレーションは
 'どういうわけだかまったく息が持ちませんでした。ピンチの時死んじゃうかも(涙)


そしてまた練習の機会があってもコツが分からないという問題もありますが、
これはスペシャルティコースに参加すると手っ取り早いのかな…?
中性浮力の取り方の練習って、自習するにはどうやってやるのでしょうか?



初心者過ぎて、変なことを書いているかも知れませんが、
今後の練習の参考になるようなアドバイスやメニュー、
注意事項などありましたら広くご教示いただければと思います。
よろしくお願いします♪ 
この記事へのコメント
投稿日時2011/07/06 08:50固定リンク編集削除
とかげさん はじめまして。
昨年モグリングに入会し、なかなか予定が合わなくまだ一回しかイベントに参加していないtowaです。

スキルアップをするには一番は実践だと私自身は思っています。でもなかなか大人数であったり、一般のガイドさんにお願いしたりするとできないですよね。スキルアップダイビングよかったらおつきあいしますよ。

セルフで潜っていくには他にも色々スキルアップしたいところですよね。
とかげさんが書かれたこと以外にも、ナビゲーションなどもそうですよね。

他にもこういう目的で潜りたい方がいらっしゃれば一緒に行っても楽しいかもしれませんね。

なんちゃってDMのtowaでした。
投稿日時2011/07/06 09:17固定リンク編集削除
とかげさん、
こんにちは。ひらやーちーと申します。海の中にいることにはまり出すと、ほんと早く海に行きたくて仕方なくなりますよね。

その上スキルも持って臨みたい、なんて素敵です!OW のテキストを何度も読んでしまうあたり、とても素晴らしいと思います。私も読まなきゃと思いながら手元に置いて長らく、、、。基礎はそこにあると思います。お勉強で、実践で、海を上手に楽しんで下さいね。

さて練習方法ですが、緊急系ではないのですが、ベーシックなところとして、上手な人と潜って真似をする、はいいと私は思います。インストラクターさん、ガイドさんは格好の材料ですね。何を真似するかというと、フィンキックのタイミングや呼吸のタイミング、深度、あと真似じゃないですが、どこを見ているのか(目線の先)、など。そのあたりを見て、同じようにやってみるとお勉強になると思います。ある程度の間合いはそれで取れると思んですよね。慣れてきたら更に自分のやりやすいように、もしくは何か違うなら何が違うか考えてみたり意見を求めてみたりしながら、調整していくとよいかと。

アドバイスドやレスキューの講習を受けていくのも、勿論よいと思います。タイミングは人によりけりでいいと思いますが、アドバンスは早くても少し慣れてからでもどちらでも良くて、レスキューはもうちょい後がいいかな?

私も C カードを取った当初、とにかく早くうまくなりたかったし早く沢山潜りたかったです。でも今になって思えば、最初はゆっくりじっくりでいいんだなと思います。
と言われてもそれがよくわからん、と思うかもしれませんが、まずは自分が快適に海で潜れるようになること、海に入って無事に帰って来れるようになることが大切だと思います。
緊急系は確かに実践し辛いですし(私もやったことがないものは多々あります)、何かあった時にやったことがあると心強くもあります。
でもやっぱり応用編だとは思うんですよね。緊急系が必要になるにはその前にトリガーがあって、それを防ぐのは基礎編だと思ってます。ま、どうしようも無い時もありますがそれはひとまずさておき。
自分のことを自分でできるようになって(ここだったら自分で行って帰れるぜい!とか)仲間うちで潜るようになると、着脱やってみたい、とかマスクなしで泳いでみたい、なんてのも、試せると思いますよ。

という訳で、基礎だなーと思うあたり、中世浮力や迷子にならないこと、体力や空気を無駄にしない泳ぎ方あたりを上手な人から盗んでみてはいかがでしょう。

期待していた答えとちょっとずれているかもしれませんが、広く!ということでご容赦下さい。以上、長々と失礼致しました。
あ、ちなみに moguring には沢山、勉強熱心な方々がいらっしゃいます。私のようなナーナーでない勉強方法を、きっと伝授して下さるはず!知見者の皆様、ご意見ございましたらどうぞよろしくお願いしまーす。

この勢いがあれば、気付けば本数もあっという間に 100, 200, 1000 と行ってしまうと思います。であれば尚更、今のフレッシュな気持ちで楽しめる海を満喫して欲しいなあ〜、なんて思ったりもします。本数はいくらでも重ねられますが、最初のあのフレッシュさは二度と無いんですって!(笑)
スキルも楽しみ方も、ゆっくり楽しんで上げていって下さいね。
投稿日時2011/07/06 12:27固定リンク編集削除
スキルアップロードマップ 良いですね〜
同じOWDのCカード取ったばかりのダイバーでも、それぞれのレベルがマチマチだと思います。
体格も体力も経験も、またCカードを取得した過程も違うので一概には言えないと思います。
是非自分なりのロードマップ作ってスキルアップしてください(^-^*)/

>これから効率的に自立したダイバーになるために、どんな練習の進め方やメニューをしたらいいか・・・

確かに、何も考えずに常にガイドの後ろを金魚のフン(表現が汚くて失礼します)よろしく、安全管理も全てお任せで、付いていくだけでは100本潜っていても自立したダイバーにはなれません。

別に、このようなダイビングの楽しみ方もあっても良いと思います。だだ、このようなお気軽&楽チンダイビングにはお金が掛かります。(お金がある方は、リゾートでお姫様・お殿様ダイブを楽しみましょう)
一般的に、このようなダイビングでは交通費等諸々入れて平均1DIVE 1万円掛かります。
100DIVEするのに約100万円掛かる計算になります。それに器材一式で30〜50万(*゜▽゜)ノ
海に沢山行きたいのに、こんなんじゃぁ〜貧乏人には困難じゃぁ〜

と云う訳で、安全管理も全て自己責任でガイドを付けずに何処でも潜れるスキルを身に付ければ、好きな時に、好きな場所で、好きなだけ、ダイビングが安く出来るようになります。
(究極ですが、773が100DIVEお金を掛けずに(仮に)潜ったとすると50回×2本で3万円弱+交通費で2万円弱で合計5万円)
☆誰でも出来るわけではありませんが、それなりの努力と周りの支援と環境に恵まれていれば可能です。〔キーワードは極貧〕

とても生意気な事を申し上げますが、ダイビングスキルの基本はスイミングだと思います。
泳げなくてもダイビングは、出来るとか出来ないとか、色々意見が分かれるところでは有りますが、泳げない人が万が一の場合、自分の安全管理が出来ますか?
スイミングは、水中姿勢、フィンワーク、中性浮力、全てのスキルに繋がります。
泳ぎが不得意な方は、毎日プールに通って4泳法+スカーリングをマスターしてください。
競泳や遠泳の選手になる訳ではないので、それぞれ50m位が泳げるようになって、種目を問わず200m位ノンストップで泳げる位になれば良いと思います。

>たとえば器材脱着とか緊急スイミングアセントとかマスク無し呼吸&移動とか
レギュリカバリとかバディブリージングとか…
この辺のドキドキ系スキルはいつ、どうやって練習したらいいんでしょうか?

IOPのプールとかで、moguring企画を立てて行えば良いのではないかな?
または、辰巳の国際ダイビングプールでスキンダイビングの練習とか、タンク持ち込んで器材脱着とかも出来ますよ。
昨日も、急なので企画には上げませんでしたが、辰巳の国際ダイビングプールでスキンダイビングの練習会を行いました。
先日は、フロート上げ練習会が企画ベースで可能かどうか?大瀬の湾内でチヤレンジしてみましたが、
まだまだスキルが足らず、そこだけ透明度が・・・・ 課題は残りましたが、とても面白かったです。
是非次回は企画で、ネ!まこ殿(^-^*)/

ナビゲーションは経験です。
とにかくガイドについて行くダイビングではなく、自分で潜水計画を立てて、コースを決めナビゲーションしながら潜ることです。
moguringuの先輩にお願いすれば、いつでも先頭を任してもらえると思います。
先輩が直ぐ後ろにぴったり付いて、色々教えてくれるはずです。
但し、セルフダイビングは全て自己責任ですよ。

と云う訳で、何が訳だか分かりませんが(゜ー゜;Aアセアセ
8/2(木)、8/6(土)、8/18(木)、9/6(木)、9/27(木)辰巳の国際ダイビングプールでスキルupしちゃうもんね〜企画立てる予定です。
平日夜間は埼玉からでは無理か(;_;)
なお、8/6(土)は希望者はスクーバータンク持込企画で行う予定です。
器材脱着だろうと、レギュ無しのタンクから直接ダイブとか、何でもやっちゃって下さい^ロ^;
投稿日時2011/07/06 14:15固定リンク編集削除
素晴らしい!向上心を持って潜るというのはとても大切な事だと思います。

私もダイビングの基本は水泳にあると思っています。
水中姿勢やフィンワークは水泳やってるダイバーは大体上手だと思います。水泳は上手だけど、ダイビングのほうは下手っていうダイバーはあんまり見ない気がします。

水に対するストレスという事でいえば、私はもともと習慣的に2〜3km泳いでいた事もあり、いざとなれば数kmなら泳いで帰ればいいや〜と思ったら途端に気が楽になった覚えがあります。もっとも実際にはその場で浮力を確保して助けを待つほうが良い場合もありますけど、泳いで帰る事を考えればそのぐらいの事は余裕だと思えたんです。

投稿日時2011/07/06 17:24固定リンク編集削除
とかげさんはじめまして
しんちろと申します。
見上げた根性!向上心があってとてもすばらしいと思います。
スキルについては、773さん、やーちーに1票です。
水中姿勢や、がんがんドリフトダイビングとか、水泳をやっていると身に付く
スキルは沢山有ります。でも、僕が水泳をやってて一番ダイビングに役立つな!ってことは「水慣れ」です。たとえば、マスク脱着が怖いという人がいます。
水泳をやっている人には普通のことです。あと、水の中での呼吸法とか、身のこなし等も水泳をやっている人とやっていない人では一目瞭然です。
つまり、水の中で落ち着いて行動ができるということが、上達するかどうかに大きく関わっていると思います。その為に「水慣れ」は必要です。
水泳が得意でしたらごめんなさい。釈迦に説法でしたね。
あとは、やーちーの言うようにダイビングの先輩とモグって実践を積むこと。
俺(私?)をスキルアップさせてくれ!といえば、やさしく?教えてくれるお兄様お姉さま方がモグリングにはいっぱいいると思いますよ。先ずは声を掛けてみては?
投稿日時2011/07/06 20:44固定リンク編集削除
フロート上げ練習会の時ただ上げるのじゃつまらないので、マスク無しでやってみた!
美しくできるようになれば、予備マスクも無くなっても安全に浮上できるかな。
投稿日時2011/07/06 22:39固定リンク編集削除
たくさんの親身なコメントをいただき感激です♪

コメント読ませていただいて、まずいの一番に、
先輩に「スキルアップしたいので一緒に潜って下さい!」なんて
お願いしちゃってホントにいいの!?と嬉しくもビックリしました。


>towaさん

スキルアップにつきあってもいいと
ありがたいお申し出をいただき、ありがとうございます。
ほかにも練習希望者がいらっしゃれば OWブートキャンプやりたいです!

練習の機会があったら参加したいっていうダイビング新規入隊レベルの方、
教えてあげてもいいよっていう隊長レベルの方、その他ご興味のある方は
他にもいらっしゃいますでしょうか?(’−’*)

- - - - - -
>ひらやーちーさん

上手い人を見て真似る! それ思いつきませんでした。
そういえばガイドさんがどうやって潜っていたか、わたし全然覚えてない。

指示を確認したり、残圧とか耳が抜けたとか伝えたりはしましたが、
潜り方を見て習うってことしてませんでした。一番のお手本ですよね!
さっそく今度からガイドさんウォッチングに励みます!(お魚もね 笑)

>773さん

励ましをありがとうございます!

おっしゃるように、ガイドさんに全部お任せばかりだと、
まず貧乏には自信のある、私のお金が到底続きませんし
人に連れて行って貰わないと遊べない人になってしまいそうと思いました。

受け身の観光だけじゃなく、探険気分で計画も、準備も、
想定外の経験と対応も、旅のプロセスまるごと楽しんでみたいです♪
(いまはまだ、タンクひとつ運ぶにもヒィヒィ言っていますけど…)

それから私のダイビングの夢のひとつに、水中で写真を撮りたい!
というのもあって、これはやっている人も少ない特殊な活動ですし
(水中で洋服を着るって相当リスキーですよね)真面目に練習をして
自分で方法論を確立できるようにならねば、とかとか。


ともあれ、やっぱりすべての基本は水泳なんですね。
実はバタフライがまったくできません(汗) 練習しなくっちゃ…。

辰巳水泳場での練習、時間によっては参加したいです!
ちょっと遠いけど、前から一度泳いでみたいと思っていたんです。
その節はどうぞよろしくお願いします♪
投稿日時2011/07/06 23:11固定リンク編集削除
>せき坊さん
>しんちろさん

>>僕が水泳をやってて一番ダイビングに役立つな!ってことは「水慣れ」です

おふたりのコメントをみて、ハッとしました。
子供の頃にちょっとだけ水泳をやっていたことがあったから、
「下手だけどまあ泳げる」「水には慣れてる」と思っていたんですが、
わたし、講習のマスククリアやマスク脱着が最初、とても怖かったんです。

プール講習なしで最初から海だったため、波酔いで吐きながら(失礼!)
だったのもあるかもしれませんが、マスクを取ると鼻から水が入るし、
マスククリアも出来なくてさんざん水を飲んで、死ぬかと思いました。

(ちなみにマスクとったままレギュで呼吸すると、鼻に水が入って来ますが、
なにかコツがあるでしょうか?取ったときは鼻から息を吐いちゃったり、
つまんじゃったりしてますが、口呼吸の完成という意味ではこれでは
いけない気もするのですが…)

プールなら当たり前にできることが恐ろしくてできなくて、溺れる。
私はあのとき、パニックってものを経験したのかもしれません。
少しは泳げる気でいたけれど、体調不良、心理的な負担といった
ストレス下では、この程度じゃ泳げるうちに入らないんですね。

「水慣れ」というとまったくのカナヅチの人のためのアドバイスかな、と
驕って読み流してしまいがちですけれど、考えを改めました。
おふたかた、ありがとうございました。

>>いざとなれば数kmなら泳いで帰ればいいや〜

これ、スケールが違いますね!これに勝る安心感ってないと思います。
この一文を見て、水中スクーターを買おうかしらと、
ちらっと思ってしまった邪道な人間です(笑)<高くて手が出ないというオチ。

投稿日時2011/07/06 23:24固定リンク編集削除
いま773さんが100本潜るのにかかる予算を読み返して、仰天しました。

100本潜るのに交通費のぞくと3万円…一回300円ですか!?
いったいどうやって??

(安すぎて、逆に300円がなんのお代なのか気になります。飲み物代…?)

いつか一緒に潜らせていただいて、
究極の高コスパダイビング術を拝見してみたいです☆
投稿日時2011/07/07 10:16固定リンク編集削除
マスク脱着でパニックってのはなんとなくわかりますよ。
まず急に顔に冷たい水が触れると反射的にドキドキします。これは普通に起こる反応なのであわてる必要なし。私でもなります。

先日の辰巳の練習会は私も行ったんですけど、私はスキンダイビングでもマスク脱着の練習をしました。
ただやるだけじゃつまらないので、水底にマスクを取りに行ってその場でマスク付けてみたり、一息で連続何回マスク脱着できるか試してみたり。猛者は海女さんみたいな容量のでかい一眼マスクで連続7回とかやるらしい…

そうやって負荷をかけるとやっぱり普段よりもドキドキして、あぁこうやってパニックにつながっていくんだなぁと思いました。


蛇足ですが、水面に立ったとして見える水平線までの距離は約4.5km。水面にプカプカ浮きながら見える水平線はもっと低い位置から見ることになるので、距離はもっと近くということになります。
ググってみたらこんな表が出てきました。
http://www.page.sannet.ne.jp/ikenoue/type2/horizon/horizongraph.html
投稿日時2011/07/07 12:06固定リンク編集削除
>(安すぎて、逆に300円がなんのお代なのか気になります。飲み物代…?)

あは(゜ー゜;A 飲み物代…? まあ!! そんなものですかね〜ヾ(ーー )
あくまでも究極ですので・・・ 

773のMixiのプロフィール見ると分かるかもです。(この時はまだレンタルタンクなので、もう少し経費が掛かっていますが・因みにプロフィール写真をよーく見るとタンクが…?c(゜.゜*)エート。。。)
荒業で、気が付かれない様に、色々な人のオクトからエアーを盗むっていう手も有ります。

冗談はともかく、トカゲさんのコメントがとても参考になります。
自分が苦労しないで出来ちゃってる事って、他の人もみんな簡単に出来ると思ってしまうんです。
泳げる人でもマスククリアーにストレスを感じる人も居るんですね (・・;)
大丈夫です。そのうち水中で缶コーヒー飲んだり、タンクから直接エアー吸ったり、水中脱○だって出来るようになります。
http://diving-commu.jp/divingspirit/item_2256.html
投稿日時2011/07/07 23:41固定リンク編集削除
スキルアップの意識に対する賞賛の意は、皆さんと同じくですぴかぴか(新しい)

私は大学のサークルでダイビングを始めたのですが、
その時は毎日課題を設定して、夜には反省ミーティングをしており、
50本を越える頃にはもうリーダーをしていました。
つまり、意識を高く持てば、50本も潜れば十分リーダーレベルになれるってことです。

じゃあ具体的な課題って??となると、そこは実際潜るときに話した方がいいと思いますので、
ここでは概念的な話をさせていただきますが、
そうなるとやっぱり皆さんと同じようなことを言うことになります。

私が師匠から言われ、今でも信条として持ち続けているのは、
「良いスキンダイバーは良いスクーバダイバーである」ということです。
ダイビングって器材に守ってもらうのが当たり前と思う人が多いかもしれませんが、
そうではなく、スクーバダイビングはスキンダイビングの
延長線上にあるというのが、私の考えです。
スキンダイビングをしっかりとやることができ、
かつスキンでの自分の限界をちゃんと把握しておけば、
スクーバでパニックに陥ることは有り得ません。
スクーバで水中トラブルがあったとしても、スキンの状態よりは遥かに余裕があるわけですから。
(しっかりとバディシステムを保っていれば、の話ですが)

なので、スキルアップのためにはスキンダイビングの練習をすることも大事だと思いますよ。

あと、ひとつ突っ込んでおきますが…

>いざとなれば数kmなら泳いで帰ればいいや〜

この考え方は危険ですので、是非やめていただきたいと思います。
流れが生じた場合を考えると、船も無しに数kmを水面移動するのは自殺行為です。
自分のダイビングスキルに自信を持つことと、自然の力への対抗力とは別問題。
どんなにスキルがあったとしても、自然の力に対しては慎重に向き合わなければいけません。
投稿日時2011/07/08 07:59固定リンク編集削除
例えば競泳で100mを50秒切ってくるっていうとトップアスリートの世界なわけですけど、それでも秒速2m。つまり秒速2mも流れてたら逆らっては進めないわけですね。ちなみに最盛期の私のクロールで1分15秒ぐらい(遅っ)
そんな流れはざらにあるでしょうから、そんなときは浮力確保して助けを待ちます。

数kmなら泳いで帰ればいいや〜ってのをもう少し詳しくいうと、岸が見えていて、かつ流れに逆らわない方向なら泳いで帰るという選択肢も選べると思ったらずいぶん気が楽になった、というお話でした。
投稿日時2011/07/08 11:34固定リンク編集削除
>マスクとったままレギュで呼吸すると、鼻に水が入って来ますが、
>なにかコツがあるでしょうか?

えーっと、以前水泳をやっていたとき、鼻から水が入らないように、どうしていましたか?
スイミングゴーグルは鼻が隠れていないので、水が入ってきますよね?
それと同じです。水泳の際、息は、口から吸って、鼻から出す。これが基本ですよね。口と鼻から同時に息を吸おうとすると、鼻から水が入ってきます。

ちなみに、マスクをしている時は、圧平衡のとき以外は鼻から息は出しません。
マスクに水が入るもしくは、曇る原因になりますからね。
投稿日時2011/07/08 12:31固定リンク編集削除
>せき坊さん

ロストした場合のリカバリー方法を常に念頭に置くことは大事ですよね。
もちろんロストしないように計画・ナビをするのは当然ですが、
「絶対ロストしない」ことを前提にする計画は、リスク管理になりません。

ロストした場合に、例えばエントリー口に戻れなくとも水中から岸に当てる手段は
頭に入れておく、などのリスク回避の方法が考えられます。
実際そのような状況になった時に、泳力に自信があれば多少の安心感につながりますね。

…と、だんだんダイビングスキルそのものからは話が逸れていますので、
この話はこの辺で。。
投稿日時2011/07/08 17:11固定リンク編集削除
こんにちは
久々に投稿させていただきます

日本水中科学協会(JAUS)って団体で色々活動していますが
ここで作ったプライマリーコース基準っていうのは、手前味噌
ですが良くまとまっていると思います

PADIのコースディレクターやテックダイビングのインストラクター
やってる人が中心にまとめたもので「これができればとりあえず
一人前」という内容です
(まだまだブラッシュアップが必要ですが…)

よろしければ、参考にしてみてください

■プライマリーコース基準
  http://jaus.jp/primary-2.htm
■プライマリー・コース実施タイムテーブル
  http://jaus.jp/timetable.htm

新しいコメントの投稿
新しいコメントは以下のフォームを利用して投稿して下さい。
実名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、非公開情報欄に記入して下さい。
非公開情報欄に記入した情報は公開されず、メンバーのみが閲覧できます。
コメント本文は公開されますので、個人情報などは記入しないようお願いします。
コメント表示領域の横幅は640ピクセルです。
横幅640ピクセルを超える画像等を貼り付けた場合、表示領域に入りきらない部分は表示されませんのでご注意ください。
ニックネーム [必須入力]

非公開情報

ホームページアドレス

コメント本文 [必須入力]
この記事へのトラックバック