DIY Elastic Goodman Handle

投稿日時2011/08/30 16:30コメント(1)トラックバック(0)カテゴリ自作倶楽部固定リンク編集削除
P1000259

ホームセンターで手に入る材料でグッドマンハンドルを作ってみました。
グッドマンハンドル、多くの物は下の写真のようなプラスチックやら金属やらで出来た硬いやつです。今回作るのはバンジーコードを使った柔らかい(elastic)版です。
P1000197


では今回の材料。
P1000207
* アルミブラケット
* ゴム(防振パッド)
* タイラップ
* バンジーコード
* 自転車チューブの切れ端


まずゴムを適当な大きさに切り、ブラケットに載せます。ライトヘッドの形に合わせて少し削ってあります。
P1000216


ライトヘッドにすべり止め用のチューブを巻いて、ブラケットにタイラップで固定します。
P1000224


ブラケットにバンジーコードを通します。
P1000230


完成
P1000233


元のハンドルに比べてこんなにコンパクトに。
P1000245


キャニスタータイプのライトで無くても応用出来ると思います。まだまだ改善の余地があるので色々試してみてください。
終了。
この記事へのコメント
投稿日時2012/06/03 10:34固定リンク編集削除
この記事が出た時には、「ふ〜ん、テックの器材なのかな〜」なんて
たいして気にもしてなかった(失敬)のですが、最近コレが良いと気づきました。
グローブになって付けられるようなやつが販売されてますよね。
ウエット素材でもっと簡単に作れないかな?と、考え中。
右手にはカメラと(甲側にスポットライト)
左手には指示棒と(甲側にワイドライト)
手が4本になりますね!
新しいコメントの投稿
新しいコメントは以下のフォームを利用して投稿して下さい。
実名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、非公開情報欄に記入して下さい。
非公開情報欄に記入した情報は公開されず、メンバーのみが閲覧できます。
コメント本文は公開されますので、個人情報などは記入しないようお願いします。
コメント表示領域の横幅は640ピクセルです。
横幅640ピクセルを超える画像等を貼り付けた場合、表示領域に入りきらない部分は表示されませんのでご注意ください。
ニックネーム [必須入力]

非公開情報

ホームページアドレス

コメント本文 [必須入力]
この記事へのトラックバック