ブリーフィングで話すこと

投稿日時2007/03/12 15:45コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ安全潜水のすゝめ固定リンク編集削除
ブリーフィングには、ダイビングの前に実施するブリーフィングと、ダイビング後に実施するデブリーフィングがあります。

ブリーフィングで話すこと

ダイビングに先立つブリーフィングでは、リーダーを中心として次のことを話すようにしましょう。


・各自の自己紹介(経験本数など)
・ポイント名
・潜水開始時時刻
・予定潜水時間
・予定深度
・集合場所(水面? 水中?)
・潜降方法(フリー? フロート?)
・予定コースと水中での主な活動
・観察できる生物の説明
・誰と誰がバディか
・残圧がいくつになったらリーダーに申告するか
・水中ではぐれたときの対処
・その他、ポイントにまつわる注意事項


デブリーフィングではなすこと

ダイビング終了後には、リーダーを中心として次のことを話すようにしましょう。

・潜水時間
・最大深度
・平均深度
・みられた魚など、ダイビングの総括
・反省事項


ブリーフィングは長くなりすぎないように、多くを詰め込み過ぎないように、そして楽しく、が基本です。
この記事へのコメント
新しいコメントの投稿
新しいコメントは以下のフォームを利用して投稿して下さい。
実名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、非公開情報欄に記入して下さい。
非公開情報欄に記入した情報は公開されず、メンバーのみが閲覧できます。
コメント本文は公開されますので、個人情報などは記入しないようお願いします。
コメント表示領域の横幅は640ピクセルです。
横幅640ピクセルを超える画像等を貼り付けた場合、表示領域に入りきらない部分は表示されませんのでご注意ください。
ニックネーム [必須入力]

非公開情報

ホームページアドレス

コメント本文 [必須入力]
この記事へのトラックバック