読書しません?「シャドウ・ダイバー」

投稿日時2007/04/02 22:46コメント(7)トラックバック(0)カテゴリ書籍/DVD/メディア固定リンク編集削除
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4152086483/

ごきげんよう。姐です。
読書なぞ、いかがでしょうか?
偶然図書館で見つけました。
淡々と記録されたノンフィクションなのですが、ぐんぐん引き込まれページ数が気になりません。
わくわく・心臓ドキドキしながら読みました。
ダイビング・世界大戦・Uボート・・・
物語のように上手な構成で、ダイビングをしない人にもわかりやすく、普通の冒険小説のように楽しめます。
減圧症についても学べます。
わりと最近の話なので、自分が○歳の頃、と考えるとけっこう現実味があったりします。
面白かった!

みなさんにもぜひお奨めします。
この記事へのコメント
投稿日時2007/04/03 14:00固定リンク編集削除
この本、ホント衝撃を受けました。
水深70mくらいの沈没船にチャレンジするレックダイバーたちの生き死にのノンフィクションなのですが・・・。

一見、無謀なダイビングに見えるけど、安全管理についていろいろと考えさせられます。
ダイビング中に絶望的なトラブルに見舞われたとき、どう判断(何を捨て、何を優先させて生還するかとか)など、特に。

「高価なダイビングナイフは持っちゃだめだ。落としたとき気になって、仲間とはぐれ、エア切れで死ぬかもしれない・・」とか、うーん、スパルタン。
投稿日時2007/04/03 14:37固定リンク編集削除
 今まで読んできた中でbest3に入る、すっごく夢中になって読めた本でした。exclamation×2
 ハードカバーで厚いので、通勤電車で読むのに、最初は気が引けたのですが、読み出すと全然OK。下車駅を通りすぎて、そのまま引き返して反対方向も引き返してきても読んでいたいと毎回思ってました。ノンフィクションだけに、とても現実的(当たり前か)!
 私もなぜか、読んでいる最中、その年(1991とか92・・・)には自分が何をしていたのか、どこで潜っていたのかを回想してしまいました。
 とーーーってもお勧めです!!!!!
ダイビングとしてもいろいろ勉強になりますね。
トラブルに陥ったら、まずは最初の要因を取り除かなければ、その後の要因も取り除けない、といったことも、経験に基づいて書かれています。

 私は、amazonのページから、中古の程度のいい初版本を購入(定価の約半額)しました。

 読んだら、ぜひこの本について語りあいましょう。
よろしゅう。るんるん
投稿日時2007/04/05 21:41固定リンク編集削除
一昨日早速、図書館に行ったら、お休み。(T.T)
昨日また行って、借りてきました。
やっと半分読み終わり。
どんどんのめりこんで読んでいます。わーい(嬉しい顔)
投稿日時2007/04/06 18:00固定リンク編集削除
あっという間に読み終わってしまいました。
あんなに厚くて重いのにぴかぴか(新しい)
感動ですねぇーーひらめき
とても勉強になるし、まだまだ未知のダイビングの
世界が覗けた気がします。
凄過ぎるぅーーーグッド(上向き矢印)

姐さん、紹介してくれてありがとう〜〜
投稿日時2007/04/07 15:25固定リンク編集削除
マユさん ごきげんよう。

気に入った下さった方には・・・

「シャドウ・ダイバー」のあとがきから見つけました。

沈黙の海へ還る ザ・ラスト・ダイブ
バーニー・チョードゥリー (著), 楡井 浩一 (翻訳)
光文社文庫

「シャドウ・ダイバー」に登場する親子を主役に据えたノンフィクション。
こちらもノンダイバーでもわかりやすく読めます。

同じシチュエーションを、違う筆者が、違う角度から描き、シャドウダイバーと続けて読むと、さらに立体的に楽しめます。

こちらの家族愛の感じられる作品も好きです。
よろしければどうぞ・・・
投稿日時2007/04/08 07:01固定リンク編集削除
「あとがき」読んだ後すぐに本屋で見つけることができ、シャドウダイバーの読後感が残ったままPART2のような形で読みました。ぴかぴか(新しい)

>同じシチュエーションを、違う筆者が、違う角度から描き、シャドウダイバーと続けて読むと、さらに立体的に楽しめます。

 まさに!
この2冊の違い、英語圏ではいろいろ議論されているかもしれませんね。英語に強い方で、そんな情報を見つけられた方、ぜひ教えてくださいませ耳
 そして、彼らに会ってみたいという気になります。
こういう本、もっと読みたいなぁ。
投稿日時2007/04/11 10:38固定リンク編集削除
またまたご紹介ありがとうグッド(上向き矢印)

「シャドウ・ダイバー」を図書館で探している時に、
「ダイバー」という本を先に見つけまして、それを
「シャドウ・ダイバー」の後に読んでました。

読み始めると楽しくて、歩いている時にも読書していますあせあせ(飛び散る汗)

またまた図書館に探しに行こうっと。。。
最近図書館通いが続いています。
新しいコメントの投稿
新しいコメントは以下のフォームを利用して投稿して下さい。
実名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、非公開情報欄に記入して下さい。
非公開情報欄に記入した情報は公開されず、メンバーのみが閲覧できます。
コメント本文は公開されますので、個人情報などは記入しないようお願いします。
コメント表示領域の横幅は640ピクセルです。
横幅640ピクセルを超える画像等を貼り付けた場合、表示領域に入りきらない部分は表示されませんのでご注意ください。
ニックネーム [必須入力]

非公開情報

ホームページアドレス

コメント本文 [必須入力]
この記事へのトラックバック