Bism レギュレータ ネレウスRX2530

投稿日時2007/04/05 20:51コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ器材固定リンク編集削除
レギュレータは、僕のダイビング再開のきっかけとなった
とある師匠のを見て、あまりのすばらしさに感激したので同じにしました。

Bismって、ダイビング業界では新参者っぽく見られがちですが、F1でも活躍するブリジストンが母体だけあって、ゴムの技術はすごいと思います。


選んだ2つの理由のうちひとつ
「中圧ホースがビックリするくらいフニャフニャ」
DC0001.JPG

右の黄色いのはアクアラングのオクトパスのホースです。
このくらい曲げるのが精一杯。
左のBsimのホースはまだまだ曲がります(笑)
柔らかいので、ダイビング中の「マウスピースがホースに引っ張られている感」がまったくありません。


もうひとつの理由
「スイベル(自在継手)」
DC0002.JPG

横方向にホースがあり、スイベルがあるので、ファーストステージが左右にいくらでも回ります。
つまり、左右の向きがない。
自分の右側の人に渡しても、全然違和感ありません。
もちろん、前後にも回転します。
ずなわち前後左右360度、どこにでも向きが変わります。


これら2つの特長のおかげで、また、ファーストステージが軽いこともあり、くわえているのを忘れてしまうくらい自然です。

呼吸感とかよくわかりませんが、最近はどのレギもフロー量調整がついているし、あまり大差ないように感じます。
ネレウスは水中で使っているときのストレスフリーが何よりおすすめ。

ファーストステージは、濃硫酸でも溶けない丈夫なチタン製。
持ち運び時にとても軽いのも気に入っています。

ただし、酸素濃度の高い混合ガス潜水には使用不可。
高圧の酸素とチタンは激しく反応して発火することがあるためだそうです。

この記事へのコメント
新しいコメントの投稿
新しいコメントは以下のフォームを利用して投稿して下さい。
実名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、非公開情報欄に記入して下さい。
非公開情報欄に記入した情報は公開されず、メンバーのみが閲覧できます。
コメント本文は公開されますので、個人情報などは記入しないようお願いします。
コメント表示領域の横幅は640ピクセルです。
横幅640ピクセルを超える画像等を貼り付けた場合、表示領域に入りきらない部分は表示されませんのでご注意ください。
ニックネーム [必須入力]

非公開情報

ホームページアドレス

コメント本文 [必須入力]
この記事へのトラックバック