本「ダイバーズ バイブル part1〜5」など

投稿日時2007/06/07 06:53コメント(2)トラックバック(0)カテゴリ書籍/DVD/メディア固定リンク編集削除
 安全な潜りへの意識を高めてくれる本です。

DIVERSBIBLE.JPG

写真は、
・「ダイバーズ バイブル part1〜5」
 著:小出康太郎 1994〜1995ころ アクアプラン発行 

・ダイビングドキュメント「危険からの脱出 55話」
  〜漂流 器材故障 波 技術不足 窒素酔い 減圧症 危険生物〜
 2001/4/1 月刊Diver 4月号別冊

 ダイバーズ バイブルpart5の帯には「本書全5巻はいずれも水の危険を回避し、安全潜水に徹するためのエキスを多くのダイバーが結集して模索したものです。トータル362におよぶケーススタディは、どのケースも水の世界に浸入することの優雅さと危険の両面を仮借なく伝えつつ、海の読み方はもとよりトラブルの回避の方法からトラブル遭遇時の対処方法など克明に記しています。」
 とあります。

 つい、読みたくなってしまう紹介ですね。ひらめき
 タイトルからしてちょっと大げさなところもありますが、あながちウソでもなく、いろいろなトラブルケースを多く読む触れることで、知識も増え、安全なダイビングへの意識はとても高まりました。読んでみて、あ、自分はこんなダイビングしていてはいけないんだ、というのにいくつか気づかされました。

 「ダイバーズ バイブル」は、当初「ダイビングドキュメンタリー」という名前で出版されていたものの改訂、復刻版とのことです。
 ただ現在は廃刊になっているはずで、これらのキーワードで、yahooオクなり、amazonで検索すると中古本が見つかります。購入してしまうのもいいと思いますが、私ので良ければ、貸し出します。

 あと、「危機からの脱出 55話」は、月刊Diverに連載された「トラブル脱出体験談」1996〜2001年掲載を中心にした記事から構成されています。

 こういう方面への本として、一読をお勧めします。と、書いていて自分としても読み返したくなってきました。
この記事へのコメント
投稿日時2007/06/12 19:35固定リンク編集削除
ぜひ、読みたい本です。
どちらから読むのがオススメでしょうか。
次回参加なさるイベントにてお借りできれば嬉しいです。

みなさんも安全意識を高めましょう右斜め上


投稿日時2007/06/12 21:44固定リンク編集削除
>どちらから読むのがオススメでしょうか。

 危機からの脱出のほうが比較的最近なので、こっちのほうが現実感があると思います。手っ取り早いのはこれかな。で、その後じっくりダイバーズバイブル(タイトル、やっぱり大げさ)part1〜5でしょうか。

>次回参加なさるイベントにてお借りできれば嬉しいです。

りょうかいです。お持ちしますね。
新しいコメントの投稿
新しいコメントは以下のフォームを利用して投稿して下さい。
実名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、非公開情報欄に記入して下さい。
非公開情報欄に記入した情報は公開されず、メンバーのみが閲覧できます。
コメント本文は公開されますので、個人情報などは記入しないようお願いします。
コメント表示領域の横幅は640ピクセルです。
横幅640ピクセルを超える画像等を貼り付けた場合、表示領域に入りきらない部分は表示されませんのでご注意ください。
ニックネーム [必須入力]

非公開情報

ホームページアドレス

コメント本文 [必須入力]
この記事へのトラックバック