ヨンガラレック(東オーストラリア)

投稿日時2007/07/31 21:26コメント(1)トラックバック(0)カテゴリダイビングポイント固定リンク編集削除
私が印象に残ったポイントを書きたいと思います。
ケアンズから車で南に下って4〜5時間ほどにある、タウンズビルというあまり有名ではない街からアクセスするポイントです。
このポイントは有名なんでしょうか?私はそれまで知らなかったんですが、とにかくすごいから!ということで行ってみました。
水深12〜13mほどのところに、いまからおよそ80年ほど前に沈んだヨンガラ号(ものすごく大きな船みたいです)がある、いわゆる沈船ポイントで、タウンズビルからボートで3時間程の外洋にあるそこのポイントは、周りにはリーフがまったくなく、沈船の周りが魚たちのマンモス住宅のようになっており、とにかくお魚がデカイ!巨大化している!よく見るお魚も1.5〜3倍くらい大きく育っていて、とても不思議なポイントなんです。たとえばですね、ツバメウオとかは、1mくらいあるでしょう!マンボウくらいデカイ!ってな具合なんです。その異様な状況にとても興奮して、非常にエアーの消費が早かったのを覚えています。
しかしこのポイント、外洋にあるため、コンディションが悪いときが多く、ショップの人の話によると、行ける確率は50%のことらしい。酔い止めの薬をきちんと飲んで挑んでいただきたいです。
この記事へのコメント
投稿日時2007/08/01 23:55固定リンク編集削除
久々に聞いたヨンガラレック!

ハチコさん行ったんだ、いいですね〜。
新しいコメントの投稿
新しいコメントは以下のフォームを利用して投稿して下さい。
実名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、非公開情報欄に記入して下さい。
非公開情報欄に記入した情報は公開されず、メンバーのみが閲覧できます。
コメント本文は公開されますので、個人情報などは記入しないようお願いします。
コメント表示領域の横幅は640ピクセルです。
横幅640ピクセルを超える画像等を貼り付けた場合、表示領域に入りきらない部分は表示されませんのでご注意ください。
ニックネーム [必須入力]

非公開情報

ホームページアドレス

コメント本文 [必須入力]
この記事へのトラックバック