ムチカラマツエビ

投稿日時2007/09/09 23:23コメント(3)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名: Pontonides sp.
和名: ムチカラマツエビ
英名: Whip coral partner shrimp

なんとも興味をそそるこの名称。その割にはムッチンプリンとかムキムキとかそういう類の情熱は皆無なカラダをしている。そもそもこの私、発見したことが無いということもあり、その傾向が顕著である可能性は否めない。

がしかし、そんなヤツにも一点魅惑的な長所(?)がある。
夜間、カラダ=点状という変身をするというのだ。

こんな情報をゲットして黙って見送るようなmoguring構成員ではない。

真実を突き止めるべくナイトde湾内(大瀬崎)。その目的は点状のムチカラマツエビ。


余談だが、ムチカラマツ情報をゲットした際に大瀬館のおねえちゃんが余計なことを口走った。
「一本のムチカラマツにムチカラマツエビ、イボイソバナガニ、ガラスハゼが付いていますよ」と。

こんな情報をゲットし、完全に興奮状態になったmoguring一同はまっしぐらに目的地のムチカラマツへ。

感想:



「ふーん。スゴイネ。」


こんなそっけない反応にさせた一番の理由:小さすぎる!

そう、小さすぎて、視力の弱いワシには点状とかそんな次元ではなかった。

以降何度か目撃する機会はあったのだが、やはり何れも小さい。。1cmを肥える個体はあったのだろうか・・?って言うレヴェル。

いちおそん時に激写した写真をアップります。
ムチカラマツエビ
この記事へのコメント
投稿日時2007/10/12 12:44固定リンク編集削除
モルディブでみつけたムチカラマツエビのペアを一枚。
IMGP005507.jpg
投稿日時2007/10/26 13:10固定リンク編集削除
IMGP006095.jpg
2007/10/20 大瀬崎湾内ナイトにて -18m〜-20m
ビーナス付近のムチカラマツにいました。
透明で透き通っていてとても綺麗な個体。
初ナイトダイビングというゲストをお連れしたのですが
あまりにも多くのビシャモンエビ&ムチカラマツエビに感激。
タコイカエビカニのオンパレードでした。
最近軽く湾内Love黒ハート
そのうちmoguringの十八番である大瀬まくりしたいですねぇ。
投稿日時2008/08/12 00:44固定リンク編集削除

2008/06/15 石垣島 米原Wリーフ南 -5m
岩陰のムチカラマツにペアでいました。
新しいコメントの投稿
新しいコメントは以下のフォームを利用して投稿して下さい。
実名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、非公開情報欄に記入して下さい。
非公開情報欄に記入した情報は公開されず、メンバーのみが閲覧できます。
コメント本文は公開されますので、個人情報などは記入しないようお願いします。
コメント表示領域の横幅は640ピクセルです。
横幅640ピクセルを超える画像等を貼り付けた場合、表示領域に入りきらない部分は表示されませんのでご注意ください。
ニックネーム [必須入力]

非公開情報

ホームページアドレス

コメント本文 [必須入力]
この記事へのトラックバック