ガラスハゼ

投稿日時2007/09/09 23:57コメント(2)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名: Bryaninops yongei
和名: ガラスハゼ
漢字名: 硝子鯊
英名: Whip coral goby (whip = ムチ coral = サンゴ goby = ハゼ)

主にムチカラマツに生息しているモノの中で異端児とも言えるこの「ガラスハゼ」
異端児と言われてしまうその理由はヤツはサカナだから。

擬態しているつもりなのか居心地がいいのかは調査していないのでよくわからないが、前者であった場合は非常に無謀な擬態であると言える。なでならニンゲンが遠目で発見可能であるからだ。
カラダが透明風味ではあるが完全に透明ではない。過信し過ぎなのかもしれない。

moguringでは一時彼らを舐め切っており、マクロ撮影絶好の特訓の被写体としての位置付けだったのだ。
それほどやつらはムチカラマツをみる度、発見され、バカにされ、激写されていた。

そんな彼らにもこの私、2年間遭遇していない。その年はフィーバーしていたのだろうか。
それとも時期が悪いのか。目が悪いのか。

彼らはナイトになると完全に無防備になる。申し訳ないが、睡眠しているのだ。
彼らに限らないのだろうけれど、完全に目がイってる。近づいても反応しない。
何か得体の知れない生き物がカラダに引っ付いている。それでも彼らは起きる気配を見せない。

少なくとも私の中ではバカにされてるサカナだ。すまん。でもあんなに失態を犯している君らを見て馬鹿にするなという方が無茶なのですよ。

で、完全熟睡&何かがカラダにまとわり付いてるガラスハゼが以下。
ガラスハゼ
この記事へのコメント
投稿日時2007/09/10 22:13固定リンク編集削除
> マクロ撮影絶好の特訓の被写体としての位置付け

黒抜きの練習するにはこれ以上のターゲットはいないでしょう。

ちなみに私、「手乗りガラスハゼ」という技を広める会の会員です。
ムチカラマツの上の方に追い詰めてからビュッとやるとガラスハゼが離れて、必死にムチカラマツに戻ろうとします。
そこへすかさず手(インフレータホースなどでも可)を差し伸べるとそこに乗る、ってものです。
動画が撮れたらアップします。
投稿日時2007/09/10 22:26固定リンク編集削除
まじですか。
会員になります。
新しいコメントの投稿
新しいコメントは以下のフォームを利用して投稿して下さい。
実名、住所、電話番号、メールアドレスなどの個人情報は、非公開情報欄に記入して下さい。
非公開情報欄に記入した情報は公開されず、メンバーのみが閲覧できます。
コメント本文は公開されますので、個人情報などは記入しないようお願いします。
コメント表示領域の横幅は640ピクセルです。
横幅640ピクセルを超える画像等を貼り付けた場合、表示領域に入りきらない部分は表示されませんのでご注意ください。
ニックネーム [必須入力]

非公開情報

ホームページアドレス

コメント本文 [必須入力]
この記事へのトラックバック