「図鑑(仮)」カテゴリの記事一覧

ミズヒキガニ

投稿日時2008/04/19 17:15コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名: Eplumula phalangium
和名: ミズヒキガニ
英名:

春の風物詩、ミズヒキガニ。
見た目はまったくもってパッとしませんが、春濁りで透明度も悪く、海藻だらけで捜索活動もうんざり、といったなか、このカニを見つけると、「あぁ、春だなぁ」と思いますね。
特に大瀬湾内には多いようです。

20080413163812.jpg
2008/04/13 大瀬崎 湾内 -18m

ヒレナガカサゴ

投稿日時2008/04/02 16:51コメント(2)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Neosebastes entaxis
和名:ヒレナガカサゴ
英名:Orange-banded scorpionfish

やや深い岩礁域に生息する魚で、冬になると見ることが多くなるカサゴ。色彩変化の大きな魚で白っぽい個体もいる。

M0011077.JPG
2008/03/31 大瀬崎 湾内 -14m
幼魚。
幼魚のほうは水中で元大瀬館チーフの紀子さんに教えていただきました。今までも何度も水中でお世話になり感謝感謝です。

M0010947.JPG
2008/03/29 大瀬崎 湾内 -17m

セトミノカサゴ

投稿日時2008/04/02 16:38コメント(1)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Parapterois heteruna
和名:セトミノカサゴ
英名:Black firefish

あまり見ないカサゴ。鰭を広げるととてもきれいで、こいつだけで10ショット以上は撮ってしまったかも。
正面から撮るのは至難の技で二人以上いないと撮れない。

M0011048.JPG
2008/03/30 大瀬崎湾内 -14m

ハナミノカサゴ

投稿日時2008/04/02 16:29コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Pterois volitans
和名:ハナミノカサゴ
英名:Red lionfish

ミノカサゴとは尾鰭、背鰭などに黒い斑点があることで区別できる。

M0010915.JPG
2008/03/17 大瀬崎湾内 -24m

ミノカサゴ

投稿日時2008/04/02 16:23コメント(4)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Pterois lunulata
和名:ミノカサゴ
英名:Luna lion fish

ネタとしての希少性はないが、被写体としてはいい魚。鰭には強い毒があり、この魚自身襲われない自信があるのか全くダイバーを見ても逃げない。むしろ寄ってくるような。
ナイトで見ると次々ハゼ類やヒメジ系を捕食していきこれだけでも飽きないダイビングができる。

PIC_0457.JPG
2007/11/03 大瀬崎 外海 -10m

イソカサゴ

投稿日時2008/04/02 16:14コメント(1)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Scorpaenodes littoralis
和名:イソカサゴ
英名:Cheekspot scorpionfish

通年見ることができ、浅場の岩の上やザラカイメンに多いような気がします。

M0010798.JPG
2008/01/25 伊豆海洋公園 クエ穴付近 -18m

カサゴ

投稿日時2008/04/02 16:06コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Sebastiscus marmoratus
和名:カサゴ
英名:Scorpionfish

年中見られることのできるザ・カサゴ。大瀬崎の湾内に多く、食べると美味しいです。

M0010760.JPG
2008/02/15 伊豆海洋公園1の根 -20m

オトヒメエビ

投稿日時2008/03/11 01:05コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名: Stenopus hispidus
和名: オトヒメエビ
英名: Banded coral shrimp

サラサエビほどではありませんが、伊豆ではどこでも見かけるエビです。
岩陰から白いヒゲが見えると一瞬「おっ?」と思いますが、数秒後には自分の不覚さを認識します。
クリーナーの役割を担っており、根気強く手を伸ばすと手乗りエビになったりもします。

20080210160620.jpg
2008/02/10 伊豆大島 ケイカイ -18m
岩陰にいました。

クシノハカクレエビ

投稿日時2008/03/11 00:49コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名: Thaumastocaris streptopus
和名: クシノハカクレエビ
英名:

ザラカイメンなどの中にいます。
同様の生態を持つエビにザラカイメンカクレエビがいますが、クシノハカクレエビの方がはさみが小さく、基部に赤みがかかることで見分けられます。

20070303121252.jpg
2007/03/03 伊豆大島 秋の浜 -24m
ザラカイメンの中にいました。

インターネットウミウシ

投稿日時2008/03/06 01:14コメント(2)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名: Halgerda okinawa
和名: インターネットウミウシ
英名:

なんかこう、微妙に苦笑いをしてしまう名前を持ったウミウシです。
模様がネットワーク図に似ているところが由来だそうな。
冬場の比較的深いところにいるように思います。

20060318000000.jpg
2006/03/18 八幡野 ビーチ -20m
岩の上にドンと居座っていました。

20080302134844.jpg
2008/03/02 伊豆海洋公園 1の根 -25m
カメ岩の上にいました。

ダンゴウオ

投稿日時2008/03/05 01:50コメント(3)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名: Lethotremus awae
和名: ダンゴウオ
英名: Lumpsucker, Lumpfish

見た目はほぼスライムです。
吸盤状になった腹鰭で海藻などにくっついています。たまに泳いでいる姿も観察されますが、そのときくらいしか魚なんだと認識できないかも...。
伊豆では、1月くらいになるとどこからともなく成魚が現れ、3月くらいに幼魚が観察されるようになります。
幼魚はほぼゴミ相当ですが、生まれてすぐは頭に「天使の輪」と呼ばれる白い模様があります。
その後大きくなった個体が7月くらいまで見られ、そしてまたどこかへと消えて行きます。
伊豆でも、西伊豆では見られないとか、海を挟んで反対側なのに伊豆大島では見られないとか、まだまだナゾが多い魚です。
北に行くと1年中観察できたりするようですよ。

20060319000000.jpg
2006/03/19 伊豆海洋公園 オクリダシの入り江 -6m
エツキイワノカワについていた、お腹の大きな個体です。

20060423000000.jpg
2006/04/23 川奈 ビーチ -10m
緑の個体です。

20060423000001.jpg
2006/04/23 川奈 ビーチ -12m
茶色っぽい、少し変わった色の個体です。

20060805000000.jpg
2006/08/05 伊豆海洋公園 1の根 -31m
カメ岩先端の下にある岩にいました。8月なのにダンゴが見られるとは...。

20070210135831.jpg
2007/02/10 八幡野 ビーチ -5m
エントリしてすぐ右の石の下にいました。

20080302100403.jpg20080302100746.jpg
2008/03/02 伊豆海洋公園 2の根 -10m
オオバンカイメン横にいました。お腹大きいです。

ヒメヒラタカエルアンコウ

投稿日時2008/02/28 00:42コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名: Antennarius Randalli
和名: ヒメヒラタカエルアンコウ
英名: Randall's frogfish

2002年に和名が付いたばかりのカエルアンコウです。まだ図鑑にもほとんど載っていません。
その名のとおり平たくて、太ったハダカハオコゼみたいです。

20070106104406.jpg
2007/01/06 大瀬崎 門下 -13m
見つからなくてうろついていたところを、大瀬館の橋村さんに教えて頂きました。
指さされてもやっぱりゴミのよう!?

エナガカエルアンコウ

投稿日時2008/02/26 13:57コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Antennarius rosaceus
和名:エナガカエルアンコウ
英名:Rosy frogfish

エスカが長い、背鰭第2棘がふさふさしている、ライトを当てるとぴょんぴょんはねるのが特徴だそう。自分には小さすぎて、よく動くなぁくらいしかわからなかったです。

M0010714.JPGM0010712.JPG
2008/02/18 大瀬崎 湾内 -10m
大瀬では1、2月に入り2個体見ましたがいずれも指と比べてもわかるこのサイズ。

ソウシカエルアンコウ

投稿日時2008/02/26 13:45コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Antennarius scriptissimus
和名:ソウシカエルアンコウ
英名:

岩に隠れるのがうまい。でかいからすぐ見つかると思いきやそのときにはすでに目の前に顔!!
ってことも!?
某海水魚のお店でカエル達の値段を見ていたら
オオモン 10000円
クマドリ 25000円
ソウシはというと3000円なり。意外といるところはたくさんいるのですね。

M0010551.JPG

2008/02/10 伊豆大島 秋の浜 -14m

アヤトリカクレエビ

投稿日時2008/02/26 01:05コメント(2)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名: Izucaris masudai
和名: アヤトリカクレエビ
英名:

アヤトリカクレエビという和名は1999年につけられました。その前は「クルクルカクレエビ」と呼ばれていたとか。
学名には伊豆や益田一さんの名前がついています。
ナシジイソギンチャクやウスアカイソギンチャクにつきます。

20070211132959.jpg
2007/02/11 伊豆海洋公園 1の根 -28m
カメ岩の先端にあるナシジイソギンチャクについていました。

20080211094440.jpg
2008/02/11 伊豆大島 秋の浜 -30m
ウスアカイソギンチャクについていました。

ベニカエルアンコウ

投稿日時2008/02/24 20:04コメント(0)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Antennarius nummifer
和名:ベニカエルアンコウ
英名:Spotfin frogfish

一番わかりやすいカエル。背鰭少し下に斑点がある、目が緑、形が少し丸っこい、目の模様などでベニはわかりやすいです。

PIC_0693.JPG
2007/11/16 IOP
PIC_1030.JPG
PIC_1012.JPG

PIC_0771.JPG
2007/12/16 八幡野 -28m

PIC_0648.JPG
雲見

PIC_0892.JPG
2007/12/15 川奈 -12m

オオモンカエルアンコウ

投稿日時2008/02/24 19:46コメント(1)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Antennarius commersoni
和名:オオモンカエルアンコウ
英名:Giant frogfish

イロに比べ肌質がざらざら、鼻っぽいものが上のほう目の近くについている個体が多いです。よくカイメンの間で胸ビレで踏ん張っている姿を目にしますが、なにもあんなとこで踏ん張らないでも、もっと安定した位置にいればいいのにっと毎回感じてしまいます。白っぽい個体が多いような気がします。

PIC_0923.JPGPIC_0899.JPG
2007/12/15 川奈 ビーチ -15m

イロカエルアンコウ

投稿日時2008/02/24 19:34コメント(2)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Antennarius pictus
和名:イロカエルアンコウ
英名:Painted frogfish

色々な色のイロカエルアンコウ。エスカに甲殻系がついてて、オオモンに比べ鼻っぽいものが下についています。
イロでもざらざらしたものもいますが、肌はオオモンの方がざらざらしてる感じです。

PIC_1096.JPGPIC_1186.JPGPIC_0964.JPGPIC_0861.JPGPIC_0273.JPGPIC_0720.JPGPIC_0268.JPG

カエルアンコウ

投稿日時2008/02/24 18:07コメント(5)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Antennarius striatus
和名:カエルアンコウ
英名:Trilobate frogfish

少し前まではイザリウオと呼ばれていたが、差別的な呼び方であるためカエルアンコウに改名。
エスカと呼ばれる疑似餌で魚をおびきよせて捕食する。
こちらのただのカエルはよく砂地にいるのと、エスカがゴカイのようなものがついていて区別できる。

PIC_0443.JPG
大瀬崎 湾内

PIC_0355.JPG
2007/10/27 大瀬崎 湾内 -15m

PIC_0327.JPG
大瀬崎 湾内

PIC_0071.JPG
2007/09/18 大瀬崎 湾内 -16m

M0010682.JPG
2008/02/18 大瀬崎 湾内 -16m

M0010328.JPG
2008/01/28 大瀬崎 湾内 -18m

サザナミヤッコ

投稿日時2008/02/24 10:38コメント(3)トラックバック(0)カテゴリ図鑑(仮)固定リンク編集削除
学名:Pomacanthus semicirculatus
和名:サザナミヤッコ
英名:Semicircle angelfish
漢字名:小波奴



2008/02/10 伊豆大島 ケイカイ
穴を覗いたら、いました。幼魚模様のわりに体がでかい?